まずはこんなお話から!シャンパンってみんな言うけど

70fae71b66e2d2c7f068d1543fcd5c36_s

ea036399b3eaa7548af097ad82b952f0_s
俗にいう「シャンパン」ですが非常に誤解の多い
言葉です。

クリスマスは「シャンパンで!」と言いませんか?
泡の立つワイン=シャンパンって思っていませんか?
実は実は誤解というか国際上間違えなのです。

シャンパン(Champage)はフランスのシャンパーニュ地方
で採れたブドウを使用したものでしかシャンパンと名乗れない
のです。
6168c7cdb661e4f888488c7fbf765927_s
しかも製法も決まっておりまして「瓶内2次発酵」という
特殊な造り方しか認められないのです。

フランス以外でも泡の出るワインはたくさん存在します。
しかしシャンパンとは表記しておりませんのでお店で
ぜひ確認してみてください。Champageという表記です。

スポンサードリンク


スペインではCAVA、ドイツではSektと呼ばれます。
ワインの名称や表記は厳格に決められており
法律でしっかり守られています。

要するにバッタ物は名乗らせない仕組みが出来ています。
日本では考えられませんね。
ちなみに皆さんが言うカマンベールチーズもノルマンディー地方
の生産でないとカマンベールと名乗れないのですよ。

北海道産カマンベールなる物です!
日本では真似も許されますけどヨーロッパでは認められません。
ヨーロッパではこうした原産地統制法がしっかりしています。

松坂牛はそうした規定がしっかりしていますが、まだまで偽物
が発生していますが野放しですよね。

ワイン文化圏ではこのような規定、法律がしっかりしております。
日本の法律はまだまだです。

スポンサードリンク

高額なワインっておいしいのかな?

cebde696a660830354dae6e64c580f26_s

3f7f154bf860548d1bd3a98f034db9b9_s
ワインは298円の物もあれば10万円以上の物も存在します。
高いワインは美味しいのかなって疑問がわきますよね?

スポンサードリンク


ずばり言います「口に合うか合わないかです!」

説明をしていきますね、ワインの価格は希少性で決まります。
要するに出荷量で決まるのです。
例えば「日本ワイン」という名のワインと「東京ワイン」
という名のワインと存在するとします。

出荷量はどうでしょうか?
fa90b94b5e33d64135aab3c905eb8f73_s
日本全国から集めたブドウ使用して作るワインと
東京都で採れたブドウだけで作られたワイン、出荷
出来る量は東京都ワインの方が少ないですよね。

そこが価格差に出るのです。

さらに東京都品川区ワインとなるとさらに減ってきます。
そこで好みが出てきます、東京都ワインより品川ワインの方が個性が出てきます。
農産物ですので気候や土壌、水などによりブドウに変化が出てくるのためです。
好みは人により様々です、美味しいと感じるワインは、
他人は美味しいと感じないかもしれません。

ですから価格では図れないものが生じます。日本ワインが
美味しいと感じれば日本ワインを選び品川ワインが美味しいと
思えば品川ワインを選ぶといったニュアンスです。

高額だから美味しいとは限らないといった事になります。
様々なワインを飲むとだんだんと好みが解ってきますから
その時に深く入り込めば良いと思います。

298円のワインでも十分に楽しめますから!

スポンサードリンク