「まずはビール」から「まずはスパークリングワイン」に変えてみましょう!

eb062411ef4418ab09c71601a4e231d6_s

70fae71b66e2d2c7f068d1543fcd5c36_s

~キンっと冷えたすパークリング~

日本人の多くは「最初の1杯はビールから」という方が
多いと思います。

苦味と炭酸が胃袋にきゅっと入り込み食欲と爽快感を
与えれくれます。私もビールは好きです!

ですが、時にはスパークリングワインを最初の1杯に
変えてみませんか?

口の中で広がる泡、ブドウの香り、これもまた格別です。

甘く感じるスパークリングワインは食前酒としてヨーロッパ
では当たり前の事で食欲増進につながります。
価格も498円程度からありますので手を出しやすいと思います。

ea036399b3eaa7548af097ad82b952f0_s

しっかり栓をして冷蔵庫に入れておけば3日は泡を保てます。
498円を3日かけて飲めば1日当りの出費もビールとさほど
変わりません。現在は第3のビールが1缶100円前後で売られて
いますが贅沢感はワインの方が上だと私は感じます。

スポンサードリンク

女性は特にビールの苦味が苦手の様ですね、梅酒などを飲んでいる
方も多いのでは?

そんな方にはぜひスパークリングワインをお勧めいたします。

おすすめはフランスの「ヴァンムスー」価格も安いし品質も
確かです。次はCAVA、スペインのスパークリングで価格は
安く、シャンパーニュと同じ製法の瓶内2次発酵で造られています。

スパークリングワインの炭酸ですがこの瓶内2次発酵
は自然に出来る泡です、国産では炭酸を人工的に添加する製法
も存在します。

価格はさほど変わりませんが泡の立ち方に大きな
違いがあります。

自然の泡はきめが細かく、人工では大きな泡となります。

口当たりが違いますので試してみたら良いと思います。

「あ~っ!やっぱり瓶内2次発酵が良いな~」となりますから!

スポンサードリンク

買うな!ボジョレーヌーボー

08ac6a8ceba371d3cf7306f64deb11ac_s

237d84e5cb9f27a59e3501d3234ad232_s
~人それぞれですけどね~

11月の第三木曜日が解禁のボジョレーヌーボー
世界で一番最初に解禁になるのが日本なので
マスコミなどがその時期になると騒がしくなります。

cebde696a660830354dae6e64c580f26_s
平均的に1980円の価格で販売される事が多いのですが
なんと半分以上は航空運賃です!

現地では300円程度で売られる安価なワインなのです。

それを1980円も出して買うのって何か嫌ではないです?

ちなみに1ヶ月以上も遅れて入る船便というのもあります。
こちらは平均800円前後で売られています。

たった1ヶ月違うだけで1000円前後の価格差が生じます。
それでも現地なら300円程度ですけどね!

スポンサードリンク

私なら船便で十分です、ボジョレーヌーボーなる物を
飲みたいのなら船便で良いのでは?

バレンタインデーとちょっとニュアンスが違いますが
メーカーが仕掛けた風習としては一緒です、チョコレート
を売りたいが為の政策であって決して由緒ある風習では
ありません。

ボジョレーヌーボーもメーカーの売る戦略
という意味では一緒なのです。

ボジョレー地方の農家とタイアップした企画にすぎません。
そんな物に1980円出したらもったいないです。

1980円出せばもっともっと良いワインが星の数ほど
存在しますからね!

来年はぜひ船便をお試しください!味は全く一緒です!

スポンサードリンク