ワインは、グラスで味わいが変わります!

ee1933841d7288b12f180c60d514e600_s

4af7e65f17418b4f3deb426b257bc0c0_s

ワイングラスには様々な形が存在します。

「どれで飲んでも一緒だよ~」という方も
いらっしょいますが、実はワイングラスの
形状はワインに合うように作られています。

輸入高額グラスではブドウ品種ごとにグラスが
あります。(リーデルの品種別ワイングラス

そこまで揃えるのもどうかと思いますがそれだけブドウ品種
による味に変化がグラスによる味わいの変化はあるのです。

細長いシャンパン用グラスやパーティーなどで
使われる平べったいグラスにも理由があります。

シャンパン用のグラスは本来は泡を楽しむ為に
逃がさない構造になっています。

あの細長いグラスのふち部分は内側へ狭く
なっているのはご存知っでしょうか?

また泡を細かく出すために底に見えない穴が
あります。そんな工夫がされているのがワイン
グラスです。

スポンサードリンク

人間の舌は先端、真ん中、奥側と感じる味覚が
違います。

先端は苦味を感じたり、奥で甘みを感じたりします。
うまく舌に当たるように出来ていたりします。

私はリーデルのグラスを愛用しています、
ワインショップでは定番的に置いてありますので
ぜひ1脚買って試してください。

舌触りも香りの広がりも苦みや甘みも本当にグラスで
変わります。

スポンサードリンク

ワインの楽しみ方はこんな形理想では?

767a82e16034b62a577895a3eea50116_s

ワインの飲み方も人それぞれの人生で変わります

私の考えるワインの究極の楽しみ方は
「その土地を思い描いて思い出し飲む事」です。

全てをそのように楽しむことは不可能ですが時間とお金があれば
そんな楽しみ方をいつか実現したいなと思っています。

ワインを語るときどうしてもその土地の気候や風土が非常に
重要です。

「あっ~このワインはあの土壌から出来たのか。だから酸味が乗って美味しいのか」と想像したり
「あの土地は焼けるほど日当たりが良かったもんな」
などと思い出ととも楽しむのもまた格別の美味しさが
あります。

しかし行った事もない土地のワインは表現がどうしても形式化して
しまいつまらないコメントとなってしまいます。

4728d888e348acb9ab4e1f777b503637_s

スポーツの評論と一緒で実際にプレーした人のコメントと
やった事ない人のコメントと一緒のような物になるという事です。

ですから私は極力行った事のあるワインをおすすめしますし、
現にフランス、イタリア、ドイツ、カリフォルニアに行って畑を
見ていまますのでお勧めしやすいのです。

ワイン産地のヨーロッパや長野へ行ったことのないソムリエも
数知れず存在します。

ボルドーのグランヴァンばかり興味を持って、飲んだこもともない
ワインを語ってしまう感じでしょうか。

あまり説得力がないですよね。

国内からで結構ですからぜひブドウ畑をみて、気候を感じ
土地を見て、農家の方とお話してワインを楽しんでみてください。
特に長野県の塩尻という所はワイナリーが数社もあり、ナイアガラ
に香りがプンプンする土地です。

ぜひ、桔梗ケ原へ行ってみてくださいね。