ワインのテイスティング方法を覚えましょう

2570f40db898719809926e63eae9de48_s

~テイスティングって?~

テイスティングと聞くと難しそうと思いますが
プロのソムリエではなくご自身のワイン履歴を
覚えておくというニュアンスで行っていただければ
結構だと思います。

難しい単語を使わず日常出てくる物を例えれば十分です。
まずきれいに磨かれたグラスを用意してください、

テーブルなどが赤系や茶色などは見にくいので
白い紙などを用意してくださいね。

まずは液面をみます、透明なのか?にごっているのか
光に当たって輝いているのかいないのか、照りはあるのかなどを
見ていきます。

濁りがあれば傷んでいる可能性があります、健康な
ワインはキラキラと液面が光で輝いております。

赤ワインであまりに濃い時はわかりにくい時の
ありますけど、経験していけば解るようになります。
ee1933841d7288b12f180c60d514e600_s
次にグラスをほんの少しゆっくりと傾けグラス側面に
伝わるワインを見ます、すっとーとすぐに無くなるのか
粘り気がありした~っと下に落ちていくのかです。

この粘着性でアルコール度数が大よそ解ります。

また糖分にも関係しているので経験を積んでいくと
違いが解ってきます。

スポンサードリンク


そして香りを嗅ぎます、ここで気をつけていただきたいのは
最初からワインをぐるぐると回さないことです。

よく見かけるのが最初からぐるぐる回す人、最初の香りと回した後
の香りは変化しているので回す前と回した後の香りをそれぞれ
記憶していきます。

最初の香りをアロマ、後の香りをブケーとして表現します。
香りもひねた香りがないか、異臭はないかを確かめます。

よくある事がコルクの匂いがワインに付いてしますことです。
これはカビのような、プラスティックを焼いたような変な香り
がしますのでそこを嗅ぎ分けます。

そして最後に口に含みます。 最初に感じるのは何か
酸味なのか、渋みなのか、甘さなのか、アルコールの強さ
調和が取れているのか、個性は何かを感じとります。

そして一番最後に鼻から抜ける香りはどうなのかです。
いわば余韻と呼ばれるところです。
余韻の長さが良いワインかどうかも評価する一つの材料です。

簡単に説明しますとこんな感じです。仕事上でやる場合は
もう少し突っ込んでテイスティングしますが、個人に楽しむ分ではこれで十分です。

スポンサードリンク

コメントを残す