放置していたブドウがワインになってしまった!

8ef59fe07157838a9370b251cecdf23a_s
~こんな事が起きてしまった~

先の記事に書きました、糖が酵母の働きで炭酸ガスと
アルコールが分解する話ですが、その酵母は自然界には
どこにでもある酵母です。

ワイン醸造する所では適した酵母を管理して保存しておりますが、
分解する酵母はふつうにその辺を飛んでいる物です。

私は以前、台所の流しにブドウを放置してしまい1週間
以上たった時には異様な匂いとブクブクと泡の経つのを
確認しました。

そるとどうでしょう味は美味しいとはいえませんでしたが
れっきとしたワインになっているではないですか!

スポンサードリンク


驚きましたね、自然に出来てしまうなんて何と言うことか。
たまたまワインの勉強をする際に糖度を計る器具を買って
いたので計ってみましたら、かなりのアルコール度数が
あることが解りました。

すぐに捨てましたけどね。酒税法上1%以上の酒類を
造ることは禁じられておりますのでね。

決して造ったのではなく自然に出来たものですけどね。
(美味しくなかったから捨てたとも言えますが)

ということでごくごく自然に発生するアルコール、
糖分と酵母がうまく合わさった時に出る珍しくない
現象です。

メロンも比較的、糖度が高いので放置しておくと
発生する事があります。

だいぶ熟したメロンって舌にピリッと炭酸様な物が
当たりませんか?あれも発酵途中の現象です。

試してみてとは言えませんが放置するとワインって
出来てしまうのですね。

スポンサードリンク

コメントを残す